間違いのないダイエット・スキンケア・ヘアケアを!TOP > メニュー > 男性と女性の薄毛、抜け毛はタイプが違う

間違いのないヘアケアで女性の薄毛、抜け毛は改善できる!

 
多量の抜け毛が発生し、髪の毛も細くなって最終的に薄毛になってしまうという髪のトラブルは、男性特有のものと思われがちですが、最近は、抜け毛や薄毛で悩む若い女性が増えているようです。

実際に、髪で悩む女性のために数多くの女性専用の育毛剤が各メーカーから販売され、売り上げも伸ばしているようです。

現在、日本国内で薄毛、抜け毛で悩む男性は、1000万人以上と言われていますが、女性も600万人以上と男性の数に迫る勢いです。

しかし、一口に薄毛、抜け毛と言っても、男性と女性の症状は違いますし、原因も違います。

薄毛や抜け毛で悩む男性のほとんどが、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる男性型脱毛症です。

この脱毛症は、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という成分が、髪の製造工場と言われている毛母細胞の働きを抑えて髪の成長を止めることが原因で起こります。

そして、男性ホルモンが深く関わっているということで遺伝的な要因が強く、改善するのは、なかなか難しいとされています。

以前は、いろいろな育毛剤を試しても、なかなか改善効果が得られなくて諦めてしまう方が大勢いらっしゃいましたが、近年は、育毛に関する研究も進み、育毛剤に含まれるミノキシジルという成分とフィナステリドという飲み薬の二つが、唯一、医学的に男性型脱毛症の効果が認められています。

一方、女性の場合は、「びまん性脱毛症」というタイプが最も多く、ストレス、睡眠不足、無理なダイエットによる栄養不足など、乱れた生活習慣が強く影響し、また、間違ったヘアケアや紫外線、喫煙、運動不足なども要因として挙げられ、頭皮の血流が悪くなったり、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因として発症します。

また、更年期前後や閉経後に、髪質が変化したり、抜け毛が増えるのは、髪の毛を保持するために働く女性ホルモンのエストロゲンが加齢の影響で減少してホルモンバランスが崩れるために起こる症状です。

その他に、妊娠してから出産後に多量の抜け毛が発生する「産後脱毛症」、ポニーテールやアップヘアなどの髪をきつく縛り、引っ張られることを長期間続けていることで頭皮に負担がかかって起こる「牽引性脱毛症」、過剰な皮脂の分泌の影響で頭皮の炎症が起こり発生する「脂漏性脱毛症」、多量に出るフケが、毛穴を塞いでしまうことから起こる「ひこう性脱毛症」、ストレスなどの影響で急にハゲができる「円形脱毛症」などのタイプがあります。

そして、進行パターンも、額の生え際や頭頂部を中心に薄くなり、最終的には、側頭部と後頭部だけ髪が残るようになる男性のパターンに対し、女性は、頭髪全体が平均的に脱毛し、男性のようにツルツルに禿げることはありません。

このように、男性と女性では、脱毛のタイプが違いますし、進行パターンも異なりますが、女性の場合は、充分な睡眠と栄養バランスを考えた食事を摂るなど規則正しい生活を送り、間違いのないヘアケアを継続すれば男性の脱毛症より、比較的に改善しやすいと言われています。

















 

メニュー記事一覧

正しい知識から間違いのないスキンケアを!

肌内部の保湿成分が失われて乾燥状態に陥り、それが原因でちょっとした刺激にもピリピリと反応してしまう敏感肌や、治ったと思っても、また同じ場所にできてしまう大人ニキビ、それに、シワ、シ...

男性と女性の薄毛、抜け毛はタイプが違う

多量の抜け毛が発生し、髪の毛も細くなって最終的に薄毛になってしまうという髪のトラブルは、男性特有のものと思われがちですが、最近は、抜け毛や薄毛で悩む若い女性が増えているようです。 ...

痩せやすい体に変えることがダイエット成功に!

痩せるために、とりあえず、てっとり早い方法として安易に食事量を減らすダイエットを行う方が結構いらっしゃいます。ダイエットの基本中の基本は、1日あたりの総摂取エネルギーを総消...

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビは「青春のシンボル」とよく言われていますが、中学生になった頃から、おでこや頬にブツブツとできはじめて、その後、数年間ニキビに悩まされる方は結構いらっしゃいます。このよ...